月の金貨 東京駅前店 ご予約は0120-03-6022

日本の小判の最近のブログ記事

2017年1月21日 17:50 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|第28回 国民体育大会 冬季塩沢国体 記念小判 新潟県 <コイン買取・月の金貨>

月の金貨 です。

今回はお買取致しました、第28回 国民体育大会 冬季塩沢国体 記念小判 です。

P9290002.JPG

P9290003.JPG

品位:K24
重量:45g
直径:-


1973年1月25日から1月28日(4日間)に行われた 28回、国民体育大会の記念小判です。
国民体育大会では毎回各県でこういった記念小判が出ております。


宅配買取にてお買取いたしました。

2015年8月12日 15:01 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|元文小判・文政小判・明治金貨<コイン買取・月の金貨>

IMG_0108.JPG

こんにちは 月の金貨  です。

本日のお買取品のご紹介です。

元文小判・文政小判・明治金貨 をお買取致しました。


IMG_0116.JPG

IMG_0117.JPG
文政小判

鋳造期間 文政2年~文政11年

重量(g)13.07
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)559


IMG_0114.JPG

IMG_0115.JPG

元文小判

鋳造期間 文政元年~文政元

重量(g)13.00
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)653

元文小判や文政小判・他、明治金貨等も一緒にお買取させていただきました。

明治金貨等はまた別にご紹介させて頂こうと思っております。

『月の金貨』ではコインだけだはなく、小判や古銭等もお買取しております。
小判や古銭などは商品の状態で買取金額が大きく変わってきます。

売却をご検討中のお客様は是非とも『月の金貨』をご利用ください。

2015年8月10日 17:41 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|国際花と緑の博覧会 記念大判<コイン買取・月の金貨>

IMG_0075.JPG
IMG_0074.JPG
こんにちは 月の金貨  です。

本日のお買取品のご紹介です。

国際花と緑の博覧会 記念大判 をお買取致しました。


国際花と緑の博覧会

重量(g)398
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)K24

花の万博 EXPO'90 にて200枚発行された記念大判です。

『月の金貨』では金貨などのコインだけではなく、記念小判もお買取しております。
売却をご検討されているお客様は是非『月の金貨』をご利用ください。



2015年5月12日 13:07 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|天皇皇后両陛下喜寿奉祝記念小判<コイン買取・月の金貨>

P1040026.gif

P1040027.gif

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

天皇皇后両陛下喜寿奉祝記念小判 をお買取致しました。

重量(g)15
直径(mm)57
厚さ(mm)#
品位(karat)K24

天皇皇后両陛下の喜寿を記念して発行された純金小判です。

長寿・幸福の象徴である『百寿』の文字と『鶴竜』が彫刻され、表面には『奉祝記念文字』を中央に
幸福の瑞鳥『鳳凰』と『菊花・桐』が描かれています。

『月の金貨』では記念小判もお取り扱いしております!

2015年4月24日 13:38 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|第二十三回全国植樹祭記念純金小判<コイン買取・月の金貨>

P1030897.gif

P1030898.gif

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

第23回全国植樹祭記念純金小判 をお買取致しました。

重量(g)47
直径(mm)80
厚さ(mm)#
品位(karat)K24

国土緑化運動の中核的な行事として、1950年に山梨県で第1回が開催された全国植樹祭(ぜんこくしょくじゅさい)、その第23回を記念して発行された純金小判です。

『月の金貨』では金貨などのコインだけではなく、記念小判もお買取しております。
売却をご検討されているお客様は是非『月の金貨』をご利用ください。

2015年1月27日 10:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|天保小判・文政小判<コイン買取・月の金貨>

P1030481.jpg

P1030482.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

天保小判 文政小判 をお買取致しました。

天保小判
重量(g)11.20
直径(mm)*
厚さ(mm)1
品位(karat)金568/銀432

文政小判
重量(g)13.07
直径(mm)*
厚さ(mm)1
品位(karat)金559/銀441

取り扱う機会が多いのがこの2種の小判です。
特徴として、文政小判は裏面に草書体で『文』の刻印、天保小判は『保』の刻印がございます。

それぞれ真贋の部分で問題はなく、プレミア価格でお買取させて頂いております!
プレミア小判のお買取は『月の金貨』にお任せ下さい!

2014年12月 5日 19:58 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|伊勢神宮第六十回御遷宮記念公式小判<コイン買取・月の金貨>

gosengu2.jpg

gosengu1.jpg

gosengu3.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

伊勢神宮第六十回御遷宮記念公式小判 お買取致しました。

重量(g)90
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)K24

三越製の品です。小判としての価値はございませんが純金の90グラムですので
買取額は軽く40万円を超えています。

『月の金貨』では貴金属製品も買取致します!

2014年10月14日 10:37 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|元文小判金<コイン買取・月の金貨>

genbun3.jpg

genbun4.jpg

genbun1.jpg

genbun2.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

元文小判金 お買取致しました。

重量(g)13
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)金653/347

元文小判(げんぶんこばん)とは元文元年5月(1736年)から鋳造が始まり同年6月15日より通用開始された一両としての額面を持つ小判です。裏面の刻印から文字小判(ぶんじこばん)とも呼ばれています。
また後の文政小判が発行されてからは、区別するため、古文字小判あるいは真文小判とも呼ばれていました。

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹两」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、、吹所の験極印さらに右上に「文」字が打印されている。これは元禄金と区別するため「元」の使用を避けたことによる。
下部の左端の小判師の験極印および吹所の験極印の組み合わせにより「大」「吉」となったものは偶然大吉と呼ばれ、七福小判として縁起が良い物であると珍重されるが、元文小判以降は特製の献上小判も作成され、この極印は意図的に「大」「吉」が打たれている。(ウィキペディアより)

かなり傷がありますがまぎれもない本物の元文小判です。前回ご紹介した天保小判、享保小判と併せてお取引させて頂きました。


2014年10月13日 15:38 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|天保小判金<コイン買取・月の金貨>

tenpou1.jpg

tenpou2.jpg

tenpou3.jpg

tenpou4.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

天保小判金 お買取致しました。

重量(g)11.20
直径(mm)#
厚さ(mm)
品位(karat)金568/銀432

天保小判(てんぽうこばん)とは天保8年7月21日(1837年)から鋳造が始まり同年11月15日より通用開始された一両としての額面を持つ小判です。
月の金貨でも最も取扱が多い小判のひとつです。

裏面の『保』の刻印から保字小判(ほじこばん)とも呼ばれるそうです。

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹两」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、吹所の験極印さらに右上に「保」字が打印されている。
特製の献上小判も作成され、この小判師の験極印、吹所の験極印は意図的に「大」「吉」が打たれている(ウィキペディアより)

『月の金貨』では小判もプレミア価格でしっかりと査定致します。
お持ちのお客様は是非ご検討下さい!

2014年10月11日 09:24 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|享保小判金<コイン買取・月の金貨>

kyouhoukoban1.jpg

kyouhoukoban2.jpg

kyouhoukoban3.jpg

kyouhoukoban4.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

享保小判金 お買取致しました。

重量(g)17.78
直径(mm)#
厚さ(mm)#
品位(karat)金861/銀139

享保小判(きょうほうこばん)とは正徳4年8月2日(1714年)に発行された一両としての額面を持つ小判です。一分判と併せて享保金(きょうほうきん)と呼ばれています。

非常に価値のあるお品物ですが、残念ながら一部にヒビがあった為、査定結果に影響してしまいました。しかしもともとが価値ある品ですのでプレミア価格でお取引させて頂いております。

裏面に打たれた刻印の数々が歴史を物語っているようです。

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹两」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、さらに吹所の験極印が打印されている。慶長小判と同形式で先の正徳小判とも類似するが、裏面の花押が慶長のものと比較して小さく、表の「光次」の「光」の末画と「次」の第四画が離れ、いわゆる「離光次」のものが享保小判とされる。初鋳は正徳期であり本来は正徳後期小判(しょうとくこうきこばん)と呼ぶべきであるが、鋳造期間の大半が享保期に属することから、正徳小判と区別する意味で享保小判と呼ばれる。
(ウィキペディアより)

『月の金貨』では小判もプレミア価格でしっかりと査定致します。
お持ちのお客様は是非ご検討下さい!