月の金貨 東京駅前店 ご予約は0120-03-6022

2014年3月アーカイブ

2014年3月27日 15:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|ナポレオン100フラン金貨<コイン買取・月の金貨>

こんにちは 月の金貨 古賀です。

本日のお買取品のご紹介です。


ナポレオン100フラン金貨 をお買取いたしました。


  質量  32.25g
  直径  34.8mm
  品位  K21.6(900/1000)
  パリ造幣局発行


RIMG0383.jpg


ナポレオン3世の横顔。
「EMPEREUR」=「皇帝」と書かれています。




RIMG0384.jpg


「EMPIRE FRANCAIS」=「フランス帝国」と書かれています。
このデザインはフランス第二帝政の国章です。
発行は1866年、発行地は発行年の前についたアルファベットの「A」で
パリということが分かります。


ナポレオン3世は、かの有名なナポレオン1世の甥にあたります。
(ナポレオン1世の弟の息子)

ナポレオンと聞いて、3世の方を思い出す人は少ないと思いますが
この方パリの街の大改造を行ったことで有名です。

19世紀のパリは現在の美しい街並みからは想像できないほどの
ひどい状態でした。
込み入った路地裏、貧民街、下水道のない悪臭漂う道路、
これらを払拭し、現代の私たちが知っているパリの原型を造り上げました。
パリの主だった大通りはこの頃に作られたものです。

パリに行くと周囲の景色を見ながら
大通りを気ままに歩くだけでも楽しいものですnotes
それもすべて、ナポレオン3世のおかげというわけです。


そしてナポレオン3世といえば、もうひとつ
ルーブル美術館の「ナポレオン3世の居室」という展示スペースが有名です。
かくいう私も、途中までナポレオン1世の居室だと思っていました・・・coldsweats01

実際目にすると、「よくぞ、ここまで!」というほどの豪華さです。
考えられる限りの全ての贅沢を施した感じです。
日本人にはちょっと考えられないセンスでしょうか。

 ↓ こんな感じで全てがまばゆいですshine

ファイル:Room of the Louvre museum.jpg

(Wikipediaより)

ルーブルに行かれたら、モナリザもいいですが
ぜひこのお部屋もご覧になってみてください。

2014年3月22日 09:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|東京オリンピック記念千円銀貨<コイン買取・月の金貨>

sen1.jpg

sen2.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

東京オリンピック記念千円銀貨 をお買取致しました。

質量(g)20
直径(mm)35
厚さ(mm)#
品位(karat)SV925

日本で初の開催となった第18回夏季オリンピック東京大会を記念して発行された銀貨です。100円銀貨と併せて発行されました。
千円銀貨は発行当初、長蛇の列が出来たほどだそうです。
この千円銀貨発行の成功はのちの記念貨幣発行につながり、記念貨幣収集ブームのきっかけとなっています。

こちらの銀貨120枚お買取させて頂いております。

一時期は2万円を超えるほどプレミアが付き1980年ごろまでは1万円前後で取引されていたそうですが今はオークション相場で1,500~2,000円程度でしょうか・・・weep
2020年の東京五輪をきっかけに少しでも価値が上がらないかと思っていましたがびくともしませんね。
当社でも状態の良い品のみ額面に僅かなプレミア価値を+してのお取引となっていますsign01


2014年3月20日 14:48 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|モナコ20ユーロ金貨<コイン買取・月の金貨>

こんにちは 月の金貨 古賀です。

本日のお買取品のご紹介す。

モナコ 20ユーロ金貨をお買取いたしました。

      質量  6.45g
    直径 21mm
    品位  K21.6 (900/1000)
    パリ造幣局発行

monako1.jpg

モナコ大公レーニエ3世

monako2.jpg

モナコ公国の国章


レーニエ3世は、現大公アルベール2世の父親でそのお妃は
かの有名なグレース・ケリーです。
カンヌ映画祭movieで恋に落ちたエピソードはつとに有名です。
現大公アルベール2世のお妃も、元オリンピック選手でモデルもやっていたとても美人な方です。
血は争えないものですね。

カンヌ映画祭と、そしてもう1つモナコを代表する世界的に有名なイベントに
F1のモナコグランプリmotorsports があります。
世界中からお金持ちが集まる華やかさと市街地を走る難コースの過酷さが同居するレース、
ぜひ一度この目で見てみたいものですlovely
ちなみにセレブたちは高級ホテルのバルコニーや自家用クルーザーの甲板shipなどから
悠々と観戦するそうで、羨ましい限りですbearing