月の金貨 東京駅前店 ご予約は0120-03-6022

2013年7月アーカイブ

2013年7月30日 18:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|地方自治法施行60周年記念千円銀貨 高知県<コイン買取・月の金貨>

tihou60kouti.jpg

tihou60kouti2.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

地方自治法施行60周年記念千円銀貨 高知県 を買取致しました。

質量(g)31.1
直径(mm)40
厚さ(mm)#
品位(karat)SV999
発行年 平成22年
製造枚数 10万枚

高知県を代表する歴史的人物である坂本龍馬の肖像と桂浜の風景をデザインしています。 

※坂本龍馬(西暦 1835 年~1867 年) 
 江戸時代末期の動乱の中で、薩長同盟や大政奉還などに奔走するとともに、亀山社 
中を組織し外国との貿易にも傾注した、幕末の志士。

※桂浜 
高知県を代表する景勝地。坂本龍馬の銅像が太平洋を望んで立ち、黒潮踊る太平洋に面した浜
は、月の名所としても名高い。 

裏面は、共通デザインとして、日本の四季の代表的な自然美である『雪』『月』『花(桜)』を環状に循環するように構成していますshineまた、一番大きな雪の結晶の中央には潜像技術を用いており、角度によって都道府県の数『47』と地方自治法施行60周年を表す『60』の数字が交互に浮かび上がりますnote

平成20年より毎年、都道府県別に発行されている地方自治法施行60周年記念千円銀貨の高知県
です。表面のデザインが竜馬という事もあり、現在発行されている品の中で北海道、京都府と並び特に人気が高いのがこちらのお品物ですgood

特に男は竜馬のスケールの大きさに憧れますねcatface人気があるのも頷けますnotes

2013年7月27日 15:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|明治金貨 旧五圓 明治六年<コイン買取・月の金貨>

P1200339.jpg

P1200340.jpg

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

明治金貨 旧五圓 明治六年 を買取致しました。

品位:金900 銅100 量目8.3333g
大型:直径23.848mm 明治3年(1870年)、4年(1871年)銘。発行は明治4年(1871年)以降(製造期間:明治4年8月〜5年)
製造枚数:1,332,464枚
供試貨幣:1,300枚
発行枚数:1,331,164枚
小型:直径21.819mm 明治5年(1872年)〜30年(1897年)銘(製造期間:明治6年〜30年9月)
製造枚数:8,109,158枚
供試貨幣:8,378枚
試験貨幣:4,332枚
発行枚数:8,096,448枚
廃止:昭和63年(1988年)3月31日
明治30年(1897年)3月の貨幣法により10円に通用する。
(ウィキペディアより)

本当に最近は明治金貨のお買取やお問い合わせが多くございますscissors
明治3年、国の威信をかけてつくられた明治金貨。多くは海外に流出してしまった上、明治30年、新金貨鋳造のため、そのほとんどが溶解されたといわれていますがまだまだあるところにはありますね~gawk
本当に貴重なお品物なのでお取扱いをする機会があると非常に気分が高まりますup

明治5年以降の旧五圓金貨は、あまりに精緻であったため、当時の技術では図柄を損なうことなく圧印するのは難しかったといわれています。その為、金の量目をおとさず直径を2mm縮小させ、その分、厚みをもたせることで「龍図」を損なうことなく圧印することに成功しました。
しかし最も小さな「旧一圓金貨」にはどう頑張っても「龍図」がうまく圧印できなかった為、諦めて「一圓」の文字をいれたという逸話が残っているそうですsign01
どうして1圓金貨だけ図柄が違うのだろうと思っていた方謎が解けましたでしょうかcatface

kyu1en1.jpg

確かに良く見かける1圓銀貨の龍図と比較すると1圓銀貨の龍図部分ををさらに一回り小さくしたサイズが5圓金貨なので、たてがみ一本、鱗(うろこ)一枚まで緻密に表現された5圓金貨の龍図は彫金技術が確立されていない当時にあって、本当に精巧で素晴らしい品なのだとわかりますnote

2013年7月19日 11:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|文政小判金<コイン買取・月の金貨>

P1020125.JPG

P1020126.JPG

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

文政小判金 を買取致しました。

質量(g)13.07
直径(mm)61
厚さ(mm)#
品位(karat)金559/1000 銀441/1000

文政小判(ぶんせいこばん)とは文政2年7月18日(1819年)から鋳造開始され同年9月20日より通用開始された一両としての額面を持つ小判であり、新文字小判(しんぶんじこばん)あるいは草文小判(そうぶんこばん)とも呼ばれる。また文政小判および文政一分判を総称して文政金(ぶんせいきん)、新文字金(しんぶんじきん)、あるいは草文金(そうぶんきん)と呼ぶ。
面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹两」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、、吹所の験極印さらに右上に「文」字が打印されている。この「文」字は元文小判と区別するため草書体とし、草文(そうぶん)と呼ばれる。
特製の献上小判も作成され、この小判師の験極印、吹所の験極印は意図的に「大」「吉」が打たれている (ウィキペディアより)

今回お買取した品は献上用ではなく通常の流通していた文政小判ですnote

こちらの文政小判、プレミア価格での買取となっておりますが磨きによるキズ、スレと変色が多くみられていますbearing状態としては下のランクになります。特に色が変わってしまっているのが残念・・・down
従来品ですともう少し金の色が強く出ます。品位が高い小判ではないので磨いてしまうと色味が大きく変わってしまうのですねgawk
本来ですと10万円以上のお買取をさせて頂くのですが残念ながら今回はそれ以下のお買取となっておりますsweat01

プレミア品は状態により価値が大きく変動しますdash
よく自分で磨かれたりする方がいらっっいますがその殆どの場合が
その価値を落とてしまいますsweat02一見汚れて見えても触らないのがベストですgood
プレミア金貨、小判をお持ちのお客様はそのままの状態で月の金貨をご利用くださいcatface

2013年7月 8日 17:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

買取実績|明治金貨 旧五圓 明治五年<コイン買取・月の金貨>

こんにちは 月の金貨 池田 です。

本日のお買取品のご紹介です。

明治金貨 旧五圓 を買取致しました。

kyu5en1-5 (1).jpg

kyu5en2-5 (1).jpg

品位:金900 銅100 量目8.3333g
大型:直径23.848mm 明治3年(1870年)、4年(1871年)銘。発行は明治4年(1871年)以降(製造期間:明治4年8月〜5年)
製造枚数:1,332,464枚
供試貨幣:1,300枚
発行枚数:1,331,164枚
小型:直径21.819mm 明治5年(1872年)〜30年(1897年)銘(製造期間:明治6年〜30年9月)
製造枚数:8,109,158枚
供試貨幣:8,378枚
試験貨幣:4,332枚
発行枚数:8,096,448枚
廃止:昭和63年(1988年)3月31日
明治30年(1897年)3月の貨幣法により10円に通用する。

こちらは小型に該当します。明治5年発行以降直径で2mm程小さくなっているのが特徴ですgawk

k21.6、8.33g、地金で計算すると本日の相場で3万円弱ですがこちらはshineプレミア価格shineでの
お買取となっておりますnote

ペンダントトップになっていた為、お買取前にお客様より枠を外す許可を頂き査定致しました。
コインの側面の状態は真贋を含め、しっかりと確認をさせていただきますgood

正直外すのに苦労しました・・・sweat01コインを傷つけてしまったら価値は万単位で下がってしまいますので・・・coldsweats02
無事外すことができご満足いただける値段でお買取する事が出来ましたnotes

月の金貨はプレミア金貨の買取にも対応しておりますsign03
是非お気軽にお問い合わせくださいwink

明治金貨のお買取はこちら!!!

2013年7月 3日 15:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

≪買取CAFE≫ はじめました!


こんにちは

月の金貨 池田 です

本日は当社の新しい買取サービスをご紹介しますhappy02

ブランドお洋服の買取サイトが出来ましたsign03

kaitoricafe.JPG

サイト名は『買取CAFE』です!

まだ出来たばかりのサイトですが洋服買取の実店舗でのノウハウがございますので

安心してご利用くださいwink

買取CAFEは古着買取店でありがちな重さで買取価格がきまってしまう量り買い

は一切行いませんnote

ブランド知識の豊富なバイヤ-が1点1点丁寧に査定致しますgood

是非ご気軽にご利用くださいsign01sign01sign01

買取CAFEへはこちらをクリック!!!